幹事の委託

今後どうなっていくのか。

成人式や結婚式、その他のお祝いごとにはそのイベントの企画、運営のための人がいて、幹事と呼ばれます。 お祝いごとは一次会、二次会と続き、それについても幹事の人があらかじめ決めておいてみんなを楽しませる。といった流れになっていますが、昔と違い、最近では委託業者に幹事の役割をになってもらう事が増えてきています。 なぜ、友人知人ではなく委託業者なのか。 その理由は周りに企画をした経験がない人が多いことや金銭的な面での相談が複雑になってしまうことが上げられます。 あえて、友人知人ではない第三者に幹事を任せてしまうことで、依頼した側としても依頼された側としてもwinwinの関係が成り立つことが大きなメリットとなります。 そのため、よくある結婚式の二次会などはこういった企業が行っているケースが多くなってきています。

幹事を引き受ける際に注意すべき点。

結婚式や忘年会の一次会、二次会などの幹事を任されたとき、ぼーっとしていては務まりません。 一次会や二次会の運営について注意点を上げてみると、全体を把握すること。そして、あらかじめ手をうっておくこと。が大事になります。 誰が来るのか。何人来るのか。場所はどこにするのか。いつにするのか。いくらぐらいかかるのか。 こういったことをあらかじめ考えておくことが重要です。 実際に人数などが決まり始めてから予約を取りますが、仕事はそこで終わりではなく当日のスケジュールの構築まで行いますが、幹事の仕事としてはスケジュール関係がとても重要なポイントなのです。 時間についてあまり考えていないと当日立っているだけになってしまいます。 一番大事なことはあらかじめ手を打つことです。